今月お金の足りない借りれない方は今すぐ相談★専業主婦でもOK審査の甘い

今月お金足りない借りれない方今すぐ相談★専業主婦でもOK審査の甘い女性専用レディースローン

  • トップページ

今月お金が足りない

  1. 今月だけの方への提案として
  2. 年間保険料は高くないですか?
  3. 病気になった、入院した、返済ができなくなったら
  4. 金欠状態を引き起こしている原因は?キャッシングも考えよう
  5. なるべく借金はしない方法で生活をしましょう。

今月だけの方への提案として

金欠状態で貯金がない。
今月だけであれば対処法はあります。

初めてのキャッシングのチャンスかも?

銀行カードローンや消費者金融の利用はどうでしょうか?
お金を借りることに抵抗がある方も多いですが、借りてすぐに返済をしたのなら。金利はあまりかかりません。
消費者金融のホームページで、休日の銀行手数料より低い金利、を見たことはないでしょう?
1週間後の返済などであれば、借入額が小さければ、銀行手数料の方が多くなるのは本当の話しです。
できれば、大手消費者金融より銀行カードローンがお勧め。
金利が多少低いです。

契約者貸付制度の利用

積立のある生命保険で借りるのも良いでしょう。
掛け捨ての医療保険やがん保険ではなく、大手生命保険会社に解約返戻金がある生命保険の場合、キャッシングカードを受け取っている方もいることでしょう。
郵便局などで契約者貸付のボタンがあり、限度額の範囲内なら借りることができます。
契約している生命保険の金利に準じた利息が付きますが、借金の形としては、個人信用情報機関にも報告が行かない自分のお金になります。
審査もなく、返済しなければ、自動解約になりますが、貯金感覚での引出しもできます。

定期預金貸付

これは、定期預金の契約のときに貸付にしていることが条件ですが、契約者貸付制度のように、限度額内の引出しができます。
郵便局などですと、金利が1%程度ですから、借りたとしても大した返済額にならないのがポイントです。
金欠で貯金はないけれど、定期預金がある。
解約はしたくないからどうしようという方にお勧めです。
銀行の定期預金でも対応しています。

この際家計の見直しも

支出が多いのは、この月だけというのであれば問題はないですが、毎月金欠の場合は、家計を見直してみて下さい。
ここで危険なのは、毎月キャッシングしてしまう事態になることです。
カード払いにしてボーナスで一気に返済という買い物ができれば、毎月の負担は小さくなりますが、それはショッピング機能を使うことです。
キャッシングは、どうしても金利が高いですから、できればどうしても工面できないときだけのものにしてほしいです。
節約生活の提案になりますが、毎月のことですから、少しでも貯金ができるくらいの余裕がほしいところです。
各種ローン、生活費、支払わなければならない保険料、光熱費等の固定費以外、食費を含めて家計の見直しはお勧めです。

年間保険料は高くないですか?

給料に見合った生活をしていますか?
毎月生活費が足りないのは、家計の見直しが必要ですが、案外と支払い負担が大きいのは生命保険の保険料だったりします。

固定費とその他の生活費のバランス

収入からも必要経費を引いて毎月足りない。
今は消費者金融や銀行カードローンで1万円程度なら簡単に借りることができます。
ただし、毎月となれば話しは別です。
かかる費用と入る収入バランスが悪いのであれば、収入を増やすことを考えましょう。
キャッシングはその時は良いのですが、返済は必ず利息をつけることになります。
毎月それが積み重なることで、返済ができなくなってしまいます。
それが続くことで、金欠ではなく、借金地獄になります。

意外に大きい保険料

将来のため、病気をしたときのための生命保険。
医療保険やがん保険等種類は多いですが、入院をしない病気では、生命保険は無関係です。
例えば金欠で医療費が払えなくて、病気の症状が重くなった。
入院でもしたら、入院給付金はでますが、働けない時の収入はどうしましょう?
最近では、疾病手当金の他に、給料の形の給付もありますが、毎月の保険料は高いです。

しかし、ここで保険料の見直しで、更新時刻になると今の保障をつける時保険料が倍以上になってしまう場合もあります。
各種ローンのように、保険は自由選択です。
見直しもよいのですが、同じような保険金が出る掛け捨て保険にするとか、ネット保険等の見直しをしてみてはいかがですか?
今までの保険料は無駄になりますが、収入が増える目処がない、家賃の払えないのに生命保険の保険料は支払っていると言うのはおかしな話です。
キャッシングで簡単に手に入る現金ではなく、高い保険料の生命保険に入っている場合、将来のことよりも足元の生活費の工面が必要です。
契約者貸付制度の利用ができれば、それもありですが、いずれ解約になってしまうのであれば、早いうちに解約をして、安い年間保険料の内容にすることです。

契約者貸付制度はキャッシングに近い内容

返済しないと満額の保険金が降りないシステムです。
貸付の形になりますから、返済には利息がかかります。
定期預金貸付の金利と比較しても高い内容になりますから、思い切った解約もお勧めです。
しかし、今短期間の金欠状態で、数ヶ月の返済でなんとか凌げるのであれば、キャッシングの選択もありますが、保険の見直しも含めて、検討してみねと良いでしょう。
保険外交員に相談するのではなく、フィナンシャルプランナー等に相談することをお勧めします。
 

病気になった、入院した、返済ができなくなったら

人間は突然の病気に対しては無力です。
ただお金があると、ある程度のことが可能になります。

高額療養費制度の利用

入院を余儀なくされる病気になった時、金欠状態でどうしようもなくなったときには、病院のケースワーカーに相談をして下さい。
お金のこともなんでも相談ができます。
高額療養費制度は収入に応じて、医療費の一部が減額される制度です。
自治体などで取扱をしています。
期限も長く2年間程度の猶予があります。

入院となると、あらゆる生活費が底をつくことになります。
事情を話せるところはすべて対応し、家賃や光熱費などは、たいてい待ってくれるでしょう。
ところが、消費者金融や銀行カードローンはどうなるのでしょうか?
実はこれもたいていのところでは、入院が本当の理由なら、返済を待ってくれるシステムになっています。

事前連絡が必要

ただ事故で突然の入院の場合は難しいのですが、入院期日が決まったら、すぐに連絡をして下さい。
期日をはっきりとさせて、退院後の返済日を決定します。
途中変更があれば、その都度対応ですが、最悪の場合は家族に依頼もありです。
多くの方は、消費者金融等で返済を遅らせる事ができないと思っているようですが、大手消費者金融では30日間の猶予があります。
しかし、返済金の中には、損害遅延金が含まれます。
レンタルビデオの延滞料と同様です。
ちなみに、この場合は個人信用情報機関での延滞者の金融事故にはならないようです。
要するにブラックではなく、偶発的な事故者扱いです。

貯金があればと思うけれど

貯金がある方にはキャッシングなどは関係ないのですが、毎月給料だけで足りない方も多いと思いますが、病気等で一気に生活費の減少ということもあります。
高額療養費制度などの利用、もしもの時の安い医療保険やがん保険の加入も検討したいところです。
キャッシングをしている方は、特に注意が必要なのですが、突然の病気のときには、家族や知り合い等に連絡をと言いたいところですが、これは難しい話しです。
たいていの方は、キャッシングしていることを内緒にしたいことです。

医療費をキャッシング

ところで、今までキャッシング未経験者が足りない医療費をカードローンなどで対応する方もいます。
これは、簡単に支払いができるものですが、その前にケースワーカーなどに必ず相談をして、キャッシングは最終手段にしてください。
病院によっては、支払い分割等の対応もあります。
もしもの時の生命保険と事前連絡、あったほうが良さそうですね。
 

金欠状態を引き起こしている原因は?キャッシングも考えよう

生活費が足りない方で、カードローンの申込をしようという方は。まだ収入が安定している方です。
現在、消費者金融にしても銀行カードローンにしても、収入がなければ利用はできません。
給料日までの数日間のキャッシングなら金利も低いです。

金欠の理由は?

遊びであるのなら、身の丈にあった生活に見直し。
家計の収支バランスを考えましょう。
特に固定費以外の生活の改善が必要です。
パチンコ等の場合は論外です。

医療費であるのなら、生命保険や医療保険がおりるまでの資金繰りを考えましょう。
とはいっても、入院中のカードローン審査などは対応していません。
在籍確認で入院中ですと言われたら、審査落ちです。
高額療養費制度を使ったり、公的医療保険等で支出を抑えることができます。
病院で聞く、ケースワーカー等に対処法を尋ねてみて下さい。

今月だけ、あと少し足りない。
生活費であれぱ、銀行カードローン等も使えますが、もし現在多重債務者であれば、審査は難しいでしょう。
審査の甘い中小消費者金融などでは借りられる可能性は大きいですが、あとの返済が大変になります。
親や友人など、返済期限に余裕がある借金ができれば良いのですが、ここは自身の人間関係も大きく関係してきます。

最終手段は生活保護

今後の生活で、生活福祉資金貸付制度等の利用もあります。
生活保護を見据えて自治体でお世話になることもできますが、審査があり、簡単な借り入れや生活保護給付は受けられないのです。
また、債務者はこのような貸付を受けることができない等条件もあります。
家計の支出で無駄がないか、節約したらどうにか暮らしていけないか?バイトなどで収入を増やせないか等の全面的な見直しも必要です。

借金のせい?

金欠の原因が毎月の固定費などの生活費の支払いではなく、キャッシングやカードローンの支払いであれば、債務整理です。
自己破産などは返済がゼロになりますが、任意整理をはじめ各債務整理によって、返済額を小さくすることができます。
それができれば、生活をしていけると言うのではあれば、文句なくすぐに債務整理です。
報酬はかかりますが、弁護士に依頼することで、債務整理宣言をした時からの返済がしばらく不要になります。
家計からキャッシング返済の必要がなくなれば、人間らしい生活ができるというのであれば、早速取り掛かるべきでしょう。
借金があれば、これを早くすることで、生活改善がいち早く行うことができます。
 

なるべく借金はしない方法で生活をしましょう。

今月の足りない生活費を工面の順番は、貯金、定期預金、生命保険の契約者貸付、そしてキャッシングになります。
一時的なものであれば、キャッシングやカードローンもよいのですが、毎月足りない場合のキャッシング利用は厳禁です。

借金はなるべくしない

貯金は返済の必要はないのですが、貸付などは返済義務があります。
生命保険は自分のお金になるのは満期になってからで、年間保険料があるうちは生命保険会社の財産です。
ですから、契約者貸付制度の場合返済の際には利息かかかります。
生活福祉資金貸付制度や生活保護等の公的資金を受けなければならないときには、今月足りないではなく、生活費に困窮していることが必要です。
病気をして働けなくなったとか、家がなくなって住むところがない等、キャッシングやカードローンなんていう世界ではないです。
また、借金を抱えてこうした公的資金の借り入れはできません。

節約をする

毎月支払う固定費で、家賃や国民年金の年金保険料(一応申請により免除制度あり)、税金などは一定のものです。
光熱費や食費、スマホの通信費などは使わないようにすることで、節約ができます。
交際費も冠婚葬祭費用以外は、多少ケチったとしても大丈夫な場合があります。
しかし、食べないとか、極限の節約はおすすめできないです。
病気になってしまったら元も子もない話しです。
給料に見合う生活で、人間らしい暮らしができる最低限の生活費で乗り越えられるのなら、キャッシングなどをしない方が良いです。
アルバイトなどができる環境なら、始めるのもお勧めです。

家計の見直しも含め、生活を考える

お金が足りない原因がわかっていて、収入が増やせないのなら節約です。
キャッシングは今月だけとか限定的な場合、完済ができる範囲内のカードローン利用などです。
カード払いをしたとしても、あとで返済をしなくてはならないので、無計画な使い方はしない方が良いでしょう。
カード払いと言えば、リボ払いにする方法もあります。
手数料は高いですが、とりあえず支払い負担は軽減できます。
カードローン等で新たな借金よりはマシです。

お金が足りない原因が借金なら、債務整理を

返済が大変でお金がない場合は、多重債務であればまとめローンも選択肢の一つです。
金利が低くなって返済額が変わります。
ただ審査は厳しいですから、それができないときには債務整理をしましょう。
返済額だけではなく債務全体が小さくなることで、毎月余裕ができるはずです。